ほとんどトラブルが起きない

脱毛サロンの光脱毛は、肌に優しい光のため、ほとんど肌トラブルは起きません。

赤みがでたらサロンに相談すべし!

ただ、熱や光を肌に直接当てて毛穴に浸透させるため、ごく一部の方は赤みがでたり、ひりつきを感じることもあります。
そういう場合は、すぐに冷やしましょう。保冷剤を直接当てると刺激が強いので、ハンカチにくるんで当てたり、濡らしたタオルを冷蔵庫、あるいは冷凍庫にいれたものを使うと良いでしょう。

肌にぷつぷつと小さなデキモノができる「毛のう炎(もうのうえん)」というものになることもあります。毛のう炎は触ってはじめて気付くくらい、痛みやかゆみのでないデキモノです。

毛穴に雑菌が入りこむことで起き、放っておいても治る肌トラブルです。
かゆみや痛み、違和感がないのであれば、放置しましょう。
気になる場合は皮膚科で見てもらいましょう。

このほか、脱毛施術を受けたあとに肌トラブルが出た場合、まずサロンに電話をしてどうしたらいいのか聞きましょう。言われたとおりにやってみても治らない場合は、皮膚科で看てもらいましょう。肌トラブルをできるだけ起こさないためにサロンスタッフに言われた注意事項を守りましょう。

施術後は激しい運動をしない、お酒は飲まない、お風呂にゆっくり浸からない等、基本的に身体を温める行為は、施術直後はNGです。注意事項を守らないと、普段は起きないはずの肌トラブルが起きることもあります。

「脱毛直後はなんともなかったから」「前回はなにも起きなかったから」
と油断しないようにしましょう。

トップへ