クリニックの施術で起こりやすい

脱毛することでごくまれに起こるのが
「硬毛化(こうもうか)」「増毛化」と呼ばれる現象です。

これは毛の比較的薄い、産毛の部分に起こりやすく、毛がかたくなったり、毛が増えてしまったりする現象です。二の腕や太もも、背中などで起こりやすいので、これらの部位を脱毛するときは、施術後の毛の変化をよく見ておきましょう。

二の腕などのウブ毛が多いところにできやすい


これらの現象は、脱毛2〜3回目に起こりやすいです。
一度硬くなってしまった毛や増えてしまった毛は、そのままにはなりません。

続けて脱毛をしていくことで、やがて減っていきます。
毛硬化、増毛化は一時的なものなのです。

毛硬化、増毛化の仕組みは、肌が刺激を受けることで、体を刺激から守ろうとして、毛を硬くしたり増やしていると言われています。
サロンの光脱毛程度の刺激では、これらの現象はほぼ起こりません。

なりやすいのが、クリニックの医療レーザー脱毛です。

このため、クリニックでは施術前のカウンセリングでかならずといっていいほど「毛硬化」「増毛化」のリスクを説明をされます。不安な方、あるいは絶対毛を硬くしたり太くしたりしたくないという方は、サロンでの施術をおすすめします。

トップへ