影響は、ほとんどない

妊娠しているときは施術ができません。

脱毛の光が、母体にどのような影響があるかわからないからです。
では「妊娠に気付く前に、施術を受けてしまった」というときはどうなるでしょうか?

心配なのが、妊娠初期ですよね。前回の生理と、次回の生理がくるであろう日の間に予約をして施術をしたものの、じつは妊娠していたというケースです。お腹の中に赤ちゃんがいる状態で施術を受けても、ほとんど影響がないと言われています。脱毛の光は、皮膚のごくあさい部分に作用するもので、体内まで浸透するものではないからです。

妊娠に気が付かない

とくに腕やワキといった、お腹から遠い部分を施術したのであれば、影響はないものと思っていいでしょう。

VIOやおなかといった、赤ちゃんに近い部分であったとしても、脱毛の光が大きな影響を与えるとは考えにくいです。

心配であれば、産婦人科で脱毛施術を受けてしまったことを話して、赤ちゃんに影響がないか、エコーなどで診てもらうといいでしょう。妊娠がわかった時点で、脱毛はお休みするか、解約しましょう。妊娠期間中〜授乳中は施術ができないので、契約をそのままにしておくと、保証期間が切れてしまうこともありますから注意しましょう。

トップへ