2毛周期と光脱毛の関係

毛には生えかわる周期があります。

 

いま生えて、ぐんぐん伸びている状態の「成長期」、生えているものの、もう伸びずに抜けようとしている「退行期」、そしてまったく毛穴に毛がない「休止期」の状態です。

 

毛の生え変わりサイクル

毛はこれらのサイクルを繰り返しています。
数週間かけて伸びた毛は、数日かけて毛根から離れて、そして抜けて行きます。
一度抜けた毛穴からは、すぐに毛が生えてきません。
数カ月休んだあと、また毛が生えてくるのです。

 

脱毛の光は、黒いものを伝って、毛の生えてくる組織(毛根)を破壊するため、毛がまさに生えて伸びている「成長期」しか当てても効果がないのです。

 

毛がない状態の毛穴には、脱毛の光は反応しません。

 

このため、毛が生えかわる周期に合わせて2〜3カ月ごとに脱毛の光を当てると、効率的に脱毛ができるというわけです。

 

トップへ