MENU

レーザー脱毛と光脱毛のメリット・デメリット

現在、主流となっている脱毛方法にはレーザー脱毛と光脱毛があります。

医療機関で受けることのできるレーザー脱毛とエステサロンで気軽に体験できる光脱毛には
それぞれメリットとデメリットがありますので、自分のむだ毛の状態や時間的な余裕を見極めた上で
お財布と相談しながら選ぶと失敗がありません。

レーザー脱毛

レーザー脱毛とは、前述の通り医療機関で
資格を持つ医師が行う医療行為の一種として考えられています。

医療行為の一種

高出力の脱毛レーザー機器を使用できるため、比較的短い期間でも高い脱毛効果を得ることができます。また、万が一、肌が炎症を起こしたりした場合にも医師による迅速な対応が期待できることは、大きな安心感につながります。

一方で、レーザー脱毛の難点は、光脱毛に比べて痛みが強いことです。
当然、個人差はありますが、やはりレーザーに反応する毛根が元気な状態でたくさん残っている脱毛初期は、レーザーを照射するたびに針で刺されるような強めの痛みを感じることが多いようです。
また、費用が高額になりがちなこともデメリットのひとつです。

光脱毛

それに対して光脱毛とは、黒い色素に反応する光を肌に照射することで脱毛を行う方法です。
光脱毛の魅力は、なんといっても痛みが少ないことです。

私はミュゼのS.S.L.脱毛を体験していますが、実際に痛みはほとんどありません。

ミュゼの光脱毛

光を当てる一瞬だけ輪ゴムではじかれたような刺激はありますが、痛みに弱い私でも続けられているので、痛いのが怖いという人には断然光脱毛がお勧めですね。また、光を照射できる範囲が非常に広いのも特徴で1回の施術時間が短いこともポイントです。

両ワキの脱毛であれば、1回の処置にかかる時間は約10分ほどです。
光脱毛で照射される光の波長は、黒くて濃いむだ毛だけでなく
薄くて柔らかい産毛にも効果を発揮してくれます。

ただし、光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力が弱いために
満足のいく脱毛効果を得るまでに何度もサロンに通わなくてはならないという難点もあります。

トップへ