MENU

脱毛前の注意点いろいろ

初めてサロンで脱毛を体験する時は、いろいろ不安になることも多いものです。

疑問に思ったことは何でも聞こう!!

私も初めての時は分からないことがたくさんあり
ミュゼのスタッフさんを質問攻めにしてしまいました。
肌へのダメージを最小限に抑えることはもちろん、脱毛前の注意点をきちんと把握していないと最悪の場合、当日の施術が受けられないといった事態にも陥りかねませんのでぜひ気をつけてください。

まず、必ず覚えて欲しいポイントが「日焼けをしている肌には、例えそれが数ヶ月前の日焼けであっても施術が難しい」ということです。
日焼け直後の赤くなった肌に施術ができないのはもちろんですが、炎症自体が治まっていても日焼けが残っている部位の脱毛は断られてしまうことがよくあります。

これには大きく分けて2つの理由があります。
第一に、日焼けをした肌は紫外線のダメージを受けて乾燥しやすい傾向にあり、脱毛によるトラブルを引き起こしやすいからです。

第二に、光脱毛では照射する光エネルギーが毛のメラニン色素に作用することでむだ毛を除去します。そのため、地肌自体が黒いと光エネルギーの影響を肌が直接受けてしまうリスクがあるので、機器の出力を下げざるを得ず、結果的に十分な脱毛効果を得られないからです。

自己処理は施術の前日ではなく、数日前に済ませておく

これは綺麗にむだ毛がそられている状態よりも、毛先が数ミリ出ている状態の方が高い脱毛効果を期待できるからです。また、サロンによっては事前にむだ毛を処理しておかないと、施術を受けられない場合もあるので前もってきちんと確認することをお勧めします。

背中のムダ毛は自己処理は不要

ただし、背中やうなじなど、自分で剃ることのできない部位に関してはそのままサロンに行って問題ないので心配しなくて大丈夫ですよ。

最後は施術を受ける際の体調に関してです。

これは当たり前のことですが、レーザー脱毛も光脱毛も大なり小なり肌に刺激を与えます。ですから、体調の優れない日やインフルエンザなどの予防接種を受けた後、最低でも1週間ほどは施術を避けた方が無難です。

さらに、飲酒行為も体温を上昇させて脱毛後の腫れを引き起こしたりするので注意が必要です。また、生理中はVIOライン以外の脱毛であれば基本的に問題ないとされています。

しかし、生理期間中、やはり女性の肌は全体的に敏感になるものなので気になる人は予約をずらすといいでしょう。

トップへ